ここから本文です

在宅勤務関連銘柄のETF、米社投入へ-新型コロナ追い風にできるか

4/9(木) 6:38配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 新型コロナウイルス感染拡大を抑え込むために、世界各地で大勢の人が在宅勤務を余儀なくされる中、遠隔での勤務に役立つ製品・サービスを手掛ける企業に注目が集まる。

こうした環境を生かそうと、米国の上場投資信託(ETF)運用会社ディレクションは、クラウド技術やリモート通信、サイバーセキュリティーなどの業界の銘柄に連動する「ワーク・フロム・ホーム(WFH)」の新たなETFを始める計画だ。米証券取引委員会(SEC)への届け出で明らかになった。ティッカーはWFH。

こうした企業の最近の人気ぶりを見ると、同ETFは投資家に受け入れられる公算が大きいと、CFRAリサーチのETF調査ディレクター、トッド・ローゼンブルース氏は話す。

一方、モーニングスターのパッシブ戦略調査共同責任者、ベン・ジョンソン氏は「対象企業の多くの株価は既につり上がっている」と指摘し、慎重な見方を示した。

原題:‘Work-From-Home’ ETF From Direxion Will Track World’s New Normal(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Katherine Greifeld

最終更新:4/9(木) 6:38
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事