ここから本文です

<佐藤健&上白石萌音>4月もまだまだ「恋つづ」 ダイジェスト放送まであと4日… 胸キュンシーン振り返る(1)

4/10(金) 21:40配信

MANTANWEB

 女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんの共演で1~3月に放送された連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」(TBS系)。放送終了後から続編を希望する声も多く、「恋つづロス」を訴える視聴者が多い中、4月14日にスペシャルダイジェスト「恋はつづくよどこまでも胸キュン!ダイジェスト」(同局系)が放送されることが発表されると、SNSでは歓喜の声が続々と上がった。ダイジェスト放送を前に、4回に分けて胸キュンシーンを振り返る。

【写真特集】“七瀬”上白石萌音&“天堂”佐藤健がイチャイチャ 衝撃の“パン食いキス”も

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした七瀬(上白石さん)は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れて看護師に。念願かなって5年越しに再会した天堂(佐藤さん)は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描いた。

 ◇佐藤健の登場シーンから話題に

 第1話では、七瀬と天堂の運命の出会いとなった5年前のシーンが描かれた。七瀬の前で女性が突然が倒れてしまい、大声で助けを呼ぶ七瀬の前に、「どうしました?」と、フードをかぶりランニングをしていた天堂が登場。天堂がかぶっていたフードを外して、女性に駆け寄る様子がスローモーションで描かれた。このシーンには、「佐藤健登場シーンからカッコいい」などの声が上がった。

 佐藤さんは、天堂の役作りについて「今回はシンプルに、どうやったら天堂が魅力的に見えるだろう?ということですかね。視聴者の皆さんに好きになってもらえるかということを一番の念頭に置いてやっています」と話していた。第1話放送後から、SNSでは「佐藤健カッコよすぎてやばい」「佐藤健さんのツンデレがたまりません」などのコメントが並び、佐藤さんの狙い通りとなった。

 第2話では、七瀬が天堂との甘いやりとりを妄想するシーンが登場。「いただきました、さつま揚げ」と家に来た七瀬に対して、優しい笑顔を浮かべた天堂が「じゃあ、一緒に食べよう」と言って部屋に招き入れたり、「はい、これ昨日のお礼」と言いながらクリームパンを食べさせたり、といった七瀬の妄想が続いた。ベッドに横たわる佐藤さんが、「お前はいつも……俺の隣だろう」と言うと、七瀬がベッドに入り込み、天堂が布団をかける……という妄想シーンも登場した。

1/2ページ

最終更新:4/10(金) 21:40
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事