ここから本文です

新型コロナ拡大で、若者が新たな感染者を生み出し続けてしまうワケ

4/10(金) 17:30配信

アーバン ライフ メトロ

批判の対象は中高年から若年層へ

 これまで新型コロナウイルスの感染者が確認されると、その年代や性別、感染場所などが伝えられてきました。しかし4月に入ると、日本全国でクラスタ-(患者集団)が発生し、以前のように事細かに報道される機会は少なくなりました。

【500人に聞きました】新型コロナ流行で、逆に「人生にプラス」になったことは何?

 当初のクラスターは中高年を中心に発生していたこともあり、定年退職した世代が非難の的となっていましたが、最近では大学生を始めとする若年層での発生が深刻化しています。

 当初から強い感染力を指摘されていた新型コロナウイルスですが、中国で感染が拡大していたころは、「若年層は重症化しにくい」「8割は軽症者」と報道されていました。

 都市封鎖など混乱を極める隣国を「対岸の火事」として見ていた日本人は、当時少なくありません。その後、国内の感染者数が増えても、クローズアップされるのは60~70代の高齢者たちでした。

 世間では、元気な高齢者があちこち動き回って感染拡大を加速させていると考え、ネット上では厳しい声が上がり、若年層に対する注意喚起の機会は失われました。

 しかし、感染が世界中に広がりを見せると状況は一変。

 当時感染が拡大しつつあった欧米から、卒業旅行で帰国して感染が判明したり、自粛ムードが漂ってきた3月下旬以降に大人数で食事をしてクラスターが発生したりするなど、批判の対象は中高年から若年層へと明らかに変わってきたのです。

 現に、ジャッグジャパン(渋谷区渋谷)が提供する「都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ」で、4月9日(木)時点の国内感染者を年代別で見ると、当初騒がれていた70代や60代よりも20代、30代の感染者の方が多くなっていることがわかります。

「自分たちは大丈夫」という誤り

 なぜ、感染者は若者の間で増加してしまったのでしょうか。

 多くの大学は2月に卒業式の中止を決定し、大勢の学生が集まらないよう配慮してきました。しかし、大学側が卒業旅行や送別会などを自粛するよう強く訴えても、実際の強制力はなく、学生個人の判断や良識に任される状態が続いていました。

「せっかくの卒業旅行を中止したくない」「感染しても自分は軽症で済む」といった甘い考えが結局、感染拡大の引き金になったのです。

 また、国内のニュースで20~30代の重症患者が取り上げられることはほぼなく、そうした状況が若年層の自粛機運を高めなかったとも考えられます。

 厄介なことに新型コロナウイルスは無症状や軽症も多く、自分自身が感染者を増やしているという意識が身に付かない面もあります。このような状況が続けば、感染は終息しません。

1/2ページ

最終更新:4/11(土) 7:15
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事