ここから本文です

寒冷渦と暖気で低気圧は台風並みに発達 週明けは大雨・大雪、暴風に警戒

4/10(金) 15:45配信

ウェザーニュース

 週明けは日本の南の海上で低気圧が猛烈に発達し、大荒れの天気となるおそれがあります。発達の大きな要因なひとつは「寒冷渦」と呼ばれる上空の強い寒気です。

 13日(月)朝には東シナ海から九州上空5500m付近に-21℃以下の寒気が南下。鹿児島上空では-24℃前後と、平年に比べ10℃以上も低い強さです。

 一方で地上付近では低気圧に向かって暖かな空気が流れ込み、低気圧の猛発達を促します。

【雨】西日本は局地的に200mm超の大雨

 低気圧の発達に伴い、西日本から東日本で雨が強まります。12日(日)から14日(火)の総雨量は広い範囲で100mmを超え、西日本の山沿いでは局地的に200mm超の大雨となる見込みです。

 河川の増水や土砂災害の危険性の出てくる所があるため、警戒が必要です。

【風】沿岸部は30m/s超の暴風に

 低気圧が台風並みに発達することで等圧線の間隔は狭くなり、風が強まります。西日本、東日本の太平洋沿岸は瞬間的に30m/sを超える暴風が吹き、四国や紀伊半島の沿岸ではさらに強まる可能性があります。

 飛来物や停電などに対し、予め備えておくようにしてください。

【雪】山間部は季節外れの大雪に

 低気圧に向かって冷たい空気が流れ込むため、13日(月)は関東甲信の山間部で雪になり、大雪のおそれがあります。標高が1000mを超えるような地域は10cm以上の積雪が予想され、局地的には30cm以上の積雪の所が出てくるかもしれません。

 峠道などの車での通行は冬用タイヤや滑り止めが必要になり、通行が困難になるケースも考えられます。

対策は普段以上に早めに

 雨や風のピーク時は生活必需品の買い出しなどが難しくなるおそれがあります。直前になって買い出しなどが集中しないよう、早い段階から念のため準備をしておくようにしてください。

 今回の荒天はそれほど長引くことはなく、西日本は14日(火)、東日本や東北も15日(水)には落ち着く予想です。

ウェザーニュース

最終更新:4/10(金) 15:45
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事