ここから本文です

西地区9位のブレイザーズ、デイミアン・リラード「どうすればプレーオフに進出できるか考えている」

4/10(金) 12:26配信

バスケットボールキング

プレーオフを見据えているリラード

 近年はウェスタン・カンファレンスの強豪球団の1つとして、名を馳せてきたポートランド・トレイルブレイザーズ。エースのデイミアン・リラードを中心に、過去6シーズンは常にプレーオフ進出を果たしており、昨季はカンファレンス・ファイナルまで駒を進めた。

 しかし今季開幕前には、アル・ファルーク・アミヌ(オーランド・マジック)やモーリス・ハークレス(ニューヨーク・ニックス)、セス・カリー(ダラス・マーベリックス)などの選手たちが退団。シーズンの途中でスコアラーであるカーメロ・アンソニーと契約したが、主力選手のロドニー・フッドがアキレス腱を断裂するなど、苦しい状況が続いた。

 現在ブレイザーズは戦績29勝37敗と西の9位に位置付けている。プレーオフに進出するには8位までに滑り込む必要があり、現在は戦績32勝33敗のメンフィス・グリズリーズが8位だ。そういった中、ブレイザーズの公式YouTubeチャンネルにビデオ通話で出演したリラードは、今季のプレーオフ進出の可能性について言及。「僕らは今9位というだけでなく、最後の15、16試合は比較的に楽なスケジュールなんだ。そして今8位にいるチームは厳しい局面に陥っている」とコメント。グリズリーズは2月中に5連敗を喫しており、今シーズン11月の6連敗に次ぐ連敗記録に苦しんでいた。

 またリラードは、「僕たちはこうして9位という位置にいて、グリズリーズは今自分たちが直面していることに向き合っている。そういう時、どうすれば僕らはプレーオフに進出できるかを考えているよ」と語り、まだプレーオフ進出を諦めていない姿勢を示した。

 今季はなかなか白星を重ねることができず、順位としてはプレーオフ圏内まであと1つであるブレイザーズ。もしレギュラーシーズンが再開されれば、ブレイザーズとグリズリーズの直接対決は2試合残っており、両チームはプレーオフ進出をかけて、激しく激突することだろう。

BASKETBALL KING

最終更新:4/10(金) 12:26
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事