ここから本文です

「コロナでノーベル賞? 」…韓国研究者、世界が驚く快挙! 

4/10(金) 8:26配信

WoW!Korea

韓国の基礎科学研究院(IBS)は、全世界を恐怖に包みこんでいる新型コロナウイルス感染症の秘密を解くという快挙を成し遂げた。

新型コロナの素顔を暴いたIBSの成果は、今後新型コロナの治療剤の開発に大きく貢献するだけでなく、韓国が今まで願ってきたノーベル賞の受賞にも一歩近づいたのではとみられている。

昨日(9日)IBSは、RNA研究団を率いているキム・ピンナリ ソウル大学 生命科学部教授(団長)と同大学のチャン・へシク 生命科学部教授が、新型コロナの原因であるSARSコロナウイルス-2(SARS-CoV-2)の高解像度の遺伝子地図を完成させたと発表した。

これは世界で初めて新型コロナのRNA転写体を分析できたということである。

これによってウイルス遺伝子の正確な位置を探し出すことができるようになった。また、今まで発見されなかったRNAを探し、加えてウイルスのRNAに最少41か所の化学的変型が起きたことを確認した。

このことは、闘っている相手の長所と弱点のすみずみまで把握したということである。

IBSのこのような成果は、“より正確な診断キット”と“完治率の高い治療戦略”を成すのに役立つと期待されている。国際的にもこの成果に対する確実な認定を受けるという雰囲気である。

生物科学分野で権威のある学術誌“セル(CELL)”では、この研究に対する論文を9日付けでオンライン版として掲載しているが、このことはこの研究チームが掲載申請をしてからわずか一か月も経たずに掲載されたこととして知られるようになった。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

最終更新:4/10(金) 10:21
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事