ここから本文です

「韓国の3Pは世界の模範」フランスが絶賛…韓国に支援を要請

4/10(金) 15:45配信

WoW!Korea

フランスは韓国の新型コロナウイルス感染症への対応を「全世界の模範」として、医薬品の輸入など、韓国政府の協力を要請した。

韓国の企画財政部(財務省に相当)は韓仏商工会議所のダヴィッド会長の要請で9日に開かれた“新型コロナ対応関連 韓仏TVセミナー”で、韓国の新型コロナ対応の政策による経験を共有したと今日(10日)伝えた。

このセミナーには駐韓フランス大使をはじめとしてフランスの政・官・言論・企業CEOなど、400人あまりが参加した。韓国からはホ・ジャン企画財政部次官補と関係部署、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の関係者などが参加した。

この日、ホ次官補は韓国の最近の対応システムを、先制(Preemptive)、迅速(Prompt)、正確(Precise)の“3P原則”と説明し、“防疫”と“経済”の2分野で漏れのない非常対応システムを備えていると強調した。

つづけて、診断(Testing)、疫学調査(Tracing)、治療(Treating)および市民参加(Participation)で成す「韓国型3TプラスP防疫対応モデル」を具体的な防疫の事例として提示した。また、自宅隔離および診断アプリ、ドライブスルーおよびウォーキングスルー診療所とスマートフォンの位置情報分析等のような革新基盤ICT活用システムを韓国の強みとして紹介した。

これに対しフランス側は韓国の防疫対応を高く評価しながら、国際的協力のための韓国の積極的な参加をもとめた。

ホ次官補は「新型コロナという“共通の敵”に対抗して全世界が協力する必要性がある」とし「透明で民主的で革新的な技術基盤の韓国型対応経験を世界各国と積極的に共有していく」と語った。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

最終更新:4/11(土) 18:17
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事