ここから本文です

カルダーラがどん底味わったミラン時代を回想 「ミランに感謝」、「失敗は自分の責任」

4/10(金) 22:25配信

超WORLDサッカー!

アタランタに所属するイタリア代表DFマッティア・カルダーラ(25)が多くの苦難を味わったミラン在籍時を振り返っている。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

ベルガモ生まれのカルダーラは2013-14シーズンにアタランタでプロデビュー。2016年夏に新指揮官に就任したジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下で台頭すると、2017年1月にはセリエAの盟主ユベントスに引き抜かれることに。

そのままレンタルという形で1年半をアタランタで過ごし、2018年夏に満を持してユベントスへ向かうが、イタリア代表の同僚である当時ミランの主将を務めたDFレオナルド・ボヌッチのユベントス復帰希望を受け、そのトレード要員としてアタランタと同じロンバルディア州に本拠を置くミラン行きが決定した。

しかし、心機一転を図ったミランでは加入直後に負ったアキレス腱の部分損傷などで長期離脱を強いられると、ようやく復帰を果たした直後の昨年5月初旬には左ヒザ前十字じん帯の断裂という悲劇に見舞われ再離脱。そして、1年半の在籍期間では公式戦2試合の出場に留まった。

今回、イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに答えたカルダーラは、キャリアのどん底とも言えるミラン時代を回想している。

「ミランでは、人生で初めて自分のパフォーマンスを通してクラブからの信頼に報いることができなかったよ。それは今でも僕の身を焦がしているし、敗北を感じた。正直、今でもそのことを考えてしまうけど、今は脇に置くことが必要だと理解している。困難な時期は1年半でもう十分だからね」

「そして、ミランに対しては今後も感謝し続けるよ。ミランではうまくいかなかったけど、それはすべて自分の責任だよ」

多くの苦難を味わったミランを経て、カルダーラは今年1月に古巣アタランタへ買い取りオプション付きの1年半のレンタル移籍で復帰。慣れ親しんだ故郷で再び恩師の指導を受けることになった25歳は、加入以降の公式戦5試合に出場。チャンピオンズリーグ(CL)ではバレンシアとの2試合に出場し、クラブ史上初のベスト8進出に貢献するなど、早くも充実した日々を過ごしている。

「アタランタは欧州ではまだ珍しい戦術を採用している。そのアドバンテージを生かすべきだね。ただ、最も重要なのは準々決勝でプレーすることだ。そのためにさらに前進していく必要があるよ」

「ほとんどプレーできなかったサン・シーロでのバレンシア戦は素晴らしかった。あの夜、フットボールのおかげでようやく幸せを感じることができたよ」

「中断前の時点でコンディション的には20パーセントという感じだったけど、再開されるときにはより良い状態を取り戻したい。2年前の状態か、それ以上に良いパフォーマンスを見せたい。2年間の経験があるし、今こそ自分のクオリティを飛躍させる時なんだ」

また、カルダーラは2018年9月以降、約1年半に渡って遠ざかっているイタリア代表に関しても言及。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でユーロ2020が一年延期されたことを追い風に、再び国を背負い自身初の大舞台でのプレーを夢見ている。

「2年近く遠ざかっているけど、代表のことやユーロのことはよく考えるよ。現時点で自分が他の人に比べて後れを取っていることはわかっているよ。だから、もう一度、代表に戻るためには2021年までに誰よりも頑張らないとね」

「ミランでは一度も貢献できなかったけれど、アタランタと(代表監督の)マンチーニからの信頼に報いるために全力を尽くすよ」

超WORLDサッカー!

最終更新:4/10(金) 22:25
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事