ここから本文です

たけのこ感謝祭

4/10(金) 14:39配信

北國新聞社

 石川のタケノコ生産の礎を築いた加賀藩士岡本右(おかもとう)太(だ)夫(ゆう)の遺徳をしのぶ「第53回たけのこ感謝祭」は10日、金沢市寺町3丁目の法華宗妙福寺で営まれた。石川県野菜園芸協会とJA全農いしかわの関係者が「表年」とされる今季の豊作を願った。

 JA関係者や生産者ら15人が出席し、県野菜園芸協会の西沢耕一会長と県農林水産部の中出吉彦次長があいさつした。

 岡本右太夫は江戸後期に江戸からモウソウチクを持ち帰り、加賀藩に広めたとされ、祈願後に境内の墓で供養が行われた。

 県産タケノコは金沢、白山、小松、かほくの4市の227軒で生産され、今年は過去20年で最も早い今月1日から出荷が始まっている。

北國新聞社

最終更新:4/10(金) 14:39
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事