ここから本文です

ギリアドのレムデシビル、新型コロナ治療の「希望の光」に-エバコア

4/14(火) 9:31配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス治験薬レムデシビルを少人数の新型コロナウイルス感染症(COVID19)患者に投与したプログラムのデータを受け、同社の株価は13日に上昇した。エバコアISIはより大規模な臨床試験でも効果が示されるかどうか判断するのは時期尚早だとしながらも、今回の結果は「希望の光」をもたらすものだと指摘した。

一方、レイモンド・ジェームズのアナリストらはより批判的な見方を示した。「われわれは小さいデータセットを理解しようと最善を尽くしたが、残念ながらレムデシビルはさほど効果はないかもしれないという結論に達した。われわれが間違っていることを願う」と言及した。

医学界やギリアド株の投資家は、より規模の大きい中国の試験からさらに詳細なデータが公表されるのを待っているが、臨床データの究極の判断基準となる大規模なプラセボ対照試験のスケジュールはますます後ずれしているようだ。

ダニエル・オデイ会長兼最高経営責任者(CEO)は10日の書簡で中国の重症患者を対象とする試験は参加者が少なく早期に終了したと説明した。この試験データがいつごろ公表されるかは不明。

これについてキャンター・フィッツジェラルドのアレシア・ヤング氏は中国で重症患者が少ないことが要因かもしれないと指摘。エバコアISIのジョシュ・シマー氏はその可能性もあるが、中国が「地政学的な競争で有利に立つために」情報提供を遅らせている可能性が疑われると説明した。

ギリアドのウェブサイトによると、対照試験の最初の結果は5月下旬まで判明しない見込み。中国での他のデータが明らかになるのは6月より後になる見通しという。

ギリアドの株価は2.4%高で引けた。

原題:Gilead’s Covid-19 Drug May Offer ‘Ray of Hope,’ Street Says (2)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Cristin Flanagan

最終更新:4/14(火) 9:31
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事