ここから本文です

新型コロナ対策で日本光電が人工呼吸器増産、6カ月間で1000台供給

4/20(月) 6:35配信

MONOist

 日本光電グループは2020年4月15日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、人工呼吸器の増産を行うことを発表した。

 日本光電グループでは、HAMILTON MEDICAL(スイス)製の気管挿管型人工呼吸器を輸入し、国内の医療機関向けに提供してきたが、2019年度に同社初のNPPV(非侵襲的陽圧換気)を行う人工呼吸器「NKV-330」を開発し販売を開始している。

 COVID-19の感染拡大により人工呼吸器の需給が逼迫していることから、富岡生産センタ(群馬県富岡市)における「NKV-330」の増産を行うことを決めた。自動車メーカーなどのパートナーとの協力や日本政府との連携により、今後6カ月間で1000台の供給を目指すとしている。

≫特集「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」

MONOist

最終更新:4/20(月) 6:35
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事