ここから本文です

「退職エントリ」で話題の元テレ東“オタク”アナ明かすゲーム愛「辞めたこと親が信じてくれました」

4/21(火) 8:40配信

オリコン

 noteやはてなブログといったブログサービスで数年前から人気カテゴリーとなっている「退職エントリ」。大手企業を退職するブロガーを筆頭に度々話題になっている。そんな「退職エントリ」についにテレビ東京のアナウンサーも進出。先月、「テレビ東京を退職します」というタイトルで投稿して話題になったのが、元テレビ東京アナウンサーの田口尚平さんだ。eスポーツの実況など“好きなこと”を仕事にできていた実感はあったものの、本格的にオタクを極めたい気持ちが強くなり退職したと言う。そんな田口さんに、退職ブログの反響や、今後の目標、そして新型コロナウイルスの影響で自宅にいる機会が増えたからこそ考えたいゲームの価値をゲーム愛たっぷりに語ってもらった。

【写真】元テレ東アナ・田口尚平さん、なぜ会社を辞めた?ブログ本文やイケメンショット、自宅も公開

■親がこのブログを見たことで、自分の退職話を信じることになりました

――退職エントリがSNSで話題になりましたね。
【田口さん】まずは、感謝の気持ちで一杯です。一介のサラリーマンがつらつらとポエムを書き殴っただけのものに、様々な反応を頂けて挙句このように記事にまでして頂けるなど恐悦至極。世界は暖かい場所だなと再認識しました。アナウンサーをやっていて良かったなぁ。

――「アナウンサー」という知名度もある方が退職についてブログを書こうと思ったのはなぜでしょうか。
【田口さん】退職ブログは、フォロワーに向けて書きました。在職中、twitterで好き勝手に呟いてフォロワーの皆さんと遊んでいましたので退職するにあたり、経緯などをご報告するのが筋かなぁと思い、キーボードを叩きました。加えて、自分の考えていることを文字化して考えを整理し、発信することで新しいご縁があればいいなあ、という思いもありました。

――確かに、今までのお仕事や、職場への感謝、次にやりたい事などをお話しされていました。フォロワーの方に伝えたかったことはありますか?
【田口さん】オタクの人生たのしいよー!ってことですね。社会人やってると結構つらいことあったりする(僕もあった)思うんですけど好きなことを好き!って言い続けると、形になる可能性があると学びました。「てめぇ田口は特殊な例だろ!!!」って思われるかもしれないのですが、好きだということを発信していると、学校とか会社の隠の者同士で繋がれたりして人生が豊かになる可能性が極めて高いと思うので。「オタクを誇れよ!人生は楽しい」とお伝えしたいです。

――SNSでの反響はどのようなものがありましたか?
【田口さん】ありがたいことに、たくさんのご連絡を頂きました。応援のメッセージ、お仕事の依頼、「会って話をしてみたい!」など、本当に様々。自分から能動的に様々な人にアプローチをしていると思っていましたが、こうやって活字にすることで頂ける反応は、想像以上のものでした。あと親がこのブログを見たことで、自分の退職話を信じることになりました。親からの信頼がない。

――(笑)。公開後、社内ではどのような反響がありましたか?
【田口さん】事前にご挨拶を済ませていたので、改めてということはあまり。ただ、『勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~』のTwitterアカウントで拾って(イジッて)頂いて。本当、あの番組には一生ついていきたいです。

――ちなみにブログに投稿することは、事前に会社に相談されていたのでしょうか?
【田口さん】事前相談はせず、事後も特になしでした。

――自由な社風を感じます(笑)。では、退職エントリを書いて良かったこと、想定外だったことはありますか?
【田口さん】社会人時代にはご無沙汰だった方から、たくさんの連絡を頂きました。オタク社会人の経験を活かして、一緒に色々やりましょうと。ありがたいことです。他にも退職ブログにはゲーム&アニメの仕事をメインで書いたのですがアナウンサー業に関わらず、様々なジャンルのお仕事依頼を受けまして。詳しくはお話できないのですが、いずれ形にして行きたいと思っています。

1/3ページ

最終更新:4/22(水) 20:27
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事