ここから本文です

ネット活用でアナログ業務をデジタル化しませんか? 「BtoB-ECサイト」の構築法、コスト感、特徴など基礎情報を解説

4/22(水) 8:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

成長を続けるBtoB-EC市場。その規模は344兆円と、BtoC-EC市場と比較すると19倍にもなる。インプレスが発売した『BtoB-EC市場の現状と販売チャネルEC化の手引き2020[今後デジタル化が進むBtoBとECがもたらす変革]』は、BtoB-ECの基本的な説明から市場全体の動向、導入手順などを紹介した解説書だ。

働き方改革や労働人口の減少が課題になる中、多くの企業が業務効率化や新規取引先の開拓、さらにはデジタルトランスフォーメーションに対する取り組みを進めており、その一つとしてインターネットを通じた受発注処理が注目されている。当記事では書籍からポイントを抜粋し、BtoB-ECサイトの構築を検討するユーザー企業向けに、費用感や特徴などの基本情報を紹介する。

 

BtoB-EC構築を始める前に確認したいこと

■ 導入目的を洗い出し、利用サービス・パッケージ、開発内容を検討

BtoB-EC とは、従来アナログで行っていたBtoB(企業間取引)業務を、オンラインで行っていく企業間取引専用ECサイトのことだ。

BtoB-ECサイトを通じて注文を受けるには、まずシステムを構築しBtoB-ECサイトを開設する必要がある。開発する場合には自社の情報システム部門等で行うか、他社に委託するかになるが、それ以外にも、カート・受発注システム事業者が提供している既存サービスを利用する方法もある。

開発か、それともすでにあるサービスを利用するか。予算や導入目的によって適した手段は変わってくるので、まずは「なぜBtoB-ECサイトを導入したいのか?」「どんな業務体制を構築したいのか?」といった導入目的やゴールを洗い出すところからスタートしたい。

なぜなら一口に「BtoB-EC」といっても、目標や作業遂行ペースによって、どのサービスやパッケージを利用したら良いか、どのようにシステムを開発していったら良いかが大きく変わってくるからだ。

そこで今回は事業者のパターンを類型化し、代表的なサービスを見ていく。サービス特徴は次回以降、改めて紹介する。

 

1/2ページ

最終更新:5/12(火) 20:21
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事