ここから本文です

関ジャニ∞、医療従事者にリモート歌唱でエール「For Heroes」

4/24(金) 18:44配信

オリコン

 人気グループ・関ジャニ∞が24日、ジャニーズ事務所の公式YouTubeチャンネルにおいてメンバー5人が参加する動画を更新。「医療現場を支える“HERO”に心からの感謝を込めて…」と『For Heroes』と題して、自身らの楽曲「ひびき」をメンバー5人のリモートによって歌唱した。

【動画】関ジャニがJohnny’s Smile Up ! Projectで「ひびき」を披露

 冒頭に登場した大倉忠義は「最前線で頑張っていらっしゃる医療従事者の方たちに、関ジャニ∞僕たちなりにエールを送ることができないか」と趣旨を説明。大倉が主演し、災害派遣医療チーム(DMAT)の奮闘を描いたドラマ『Dr.DMAT』(2014年/TBS)の主題歌「ひびき」を「命をつなぐという意味では一緒なのかな」として選曲に至ったという。

 歌詞のなかに「手をつないで歩いていけたらいいな」と願いを込めたこの楽曲。最後には「いま最前線で働く方々のために僕たちにできること 一緒に#StayHome しよう ともに手を取り合って乗り越えていこう みんなの笑顔のために」とのメッセージをテロップで表示した。

 それぞれの自宅からと思われる場所でつながれた映像で、紡がれた5つの“ひびき”にコメント欄では「これが無料で聴けていいのか…」「それぞれ別の場所で歌ってるのに一つの歌声になってて、関ジャニ∞のみんなの絆の深さや思いが伝わってきます」「心が暖かくなる優しくて綺麗な歌声」と感動の声が寄せられている。

 現在、同チャンネルでは『Smile Up ! Project』と題して、所属アーティストが個性あふれる方法で“ステイホーム”を呼びかけ。22日にはKinKi Kidsの堂本光一が「家のかたまり」として名曲「愛のかたまり」を替え歌で披露。外出自粛や手洗いうがいを歌詞に取り入れた、本気の熱唱に、140万近いの再生数(24日18時30分現在)を記録するなどこちらも大きな反響を呼んでいる。

最終更新:4/27(月) 8:49
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事