ここから本文です

〈新型コロナ〉感染拡大地域から人が流入することを防ぐ 岡山県がパチンコ店や観光地の旅館・ホテルに営業自粛求める

4/24(金) 18:01配信

KSB瀬戸内海放送

 大型連休に感染拡大地域から人が流入することを防ぐため、岡山県はパチンコ店や観光地の旅館・ホテルに25日から営業を自粛するよう求めました。

(岡山県/伊原木隆太 知事)
「お願いの中では一番強いタイプのお願い。これを聞いてくれなかったらあなた人を殺すことになるんですよという、目が血走っているようなお願い」

 24日に開かれた岡山県の対策本部会議で、県内全域のパチンコ店と県外からの観光客が多い旅館やホテルに対して、4月25日から5月6日まで営業自粛を求めることが報告されました。

 大型連休中、大阪府や兵庫県などから多くの人が岡山県に流入するのを防ぐのが狙いです。法に基づく休業要請ではなく補償金や協力金はありませんが、遊技業や旅館・ホテルの組合を通して営業しないよう強く求めます。

 このほか、岡山県は感染拡大を防ぐ「水際対策」として29日、山陽道下り線の瀬戸パーキングエリアで来県者の検温も行います。

最終更新:4/27(月) 10:48
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事