ここから本文です

新型コロナで“自由の身”になった犯罪者セレブたち

4/25(土) 22:05配信

ELLE ONLINE

有罪になった後、心臓発作を起こしているハーヴェイ・ワインスタインが新型コロナ陽性と明らかに! ライカーズ刑務所で感染したと見られているけれど、二重殺人で留置中のYNW(young nigga worldの意味)メリーも陽性だし、「俺は社会の脅威じゃない」と言い張るR・ケリーも陽性でそろって自宅に帰されることに。刑務所で濃厚接触しているセレブ犯罪者は多いく、一種のホールパス(授業中に教室を出るための許可証のこと)になりそう。

【写真】ハリウッドは犯罪者だらけ!逮捕歴のある海外セレブ

テカシ69

未成年少女との淫行疑惑や殺人共謀罪などで有罪となり、懲役2年(たった?)の実刑判決を受けていたラッパーのテカシ69。弁護士を通じて「刑務所内の衛生状態のせいで持病の喘息が悪化するから、早期釈放を希望」との訴えを出していたけれど、何度も却下され続けていた。ところが、新型コロナ感染症の影響を受けて4月上旬に突然、裁判所が訴えを聞き入れたことが判明。喘息持ちなのでコロナに感染する前に釈法されたテカシは、残る刑期4ヶ月を自宅で過ごすことに! といっても外出するには裁判所の許可が必要だし、許可が出た場合も弁護士の付き添いが必要という自宅監禁状態。ただしギャング情報を検察にベラベラともらしているので、暗殺の危険性は減らないはず。

ハーヴェイ・ワインスタイン

複数の女性に対するレイプ疑惑で有罪判決を受け、3月11日に懲役23年を言い渡された直後に血圧が上昇し、病院に緊急搬送されたけれど、無事に(?)バッファローにある重罪犯用のウェンデ刑務所に収監されていた。約10日後、今度は新型コロナウィルスに感染していることが発覚し、刑務所内で隔離されることが決定したとのこと。有罪判決を受けるまで収監されていたライカーズ刑務所内で感染したと見られていて、当初は新型コロナのおかげで自由に身になる可能性もささやかれていたものの、14日間の隔離を終わった現在は感染症による症状はまったく無し。このまま刑務所で懲役23年の苦しみをまっとうしてほしい女性たちの願いはきっと叶うはず。

YNWメリー

2018年にYNWジュビーとYNWサクチェイサーを射殺した容疑で第一級殺人罪と、YNWボルトレンと共謀し保安官代理を銃撃した容疑で起訴され、ブロワード郡の刑務所で公判を待っているラッパーのYNWメリー。4月上旬に自身のツイッターで新型コロナウィルスに感染したことを明かすとともに、弁護士を通じて「治療をするための保釈を申請する」とツイート。担当のブラッドフォード・コーエン弁護士によると、メリーと同房者である犯罪者には新型コロナウィルス感染症の症状が出ていて、メリー自身も「死にかけている」と主張。弁護士が声明を出してから1週間以上が過ぎた4月15日現在、メリーが保釈される気配はゼロ。

最終更新:4/27(月) 14:34
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事