ここから本文です

ポイント&クリックRPG『Hero of the Kingdom: The Lost Tales 1』「美しいクォータービューとカジュアルなゲームスタイルが特徴」【注目インディーミニ問答】

4/26(日) 18:00配信

Game Spark

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Lonely Troops開発、PC/Mac/Linux向けに4月17日リリースされたポイント&クリックRPG『Hero of the Kingdom: The Lost Tales 1』開発者へのミニインタビューをお届けします。

関連画像を見る

本作は、ポイント&クリックRPGシリーズ最新作。ドラゴンの脅威に怯える街を舞台に、プレイヤーはクエストをこなして人々を助け、モンスターを倒しスキルを習得し、街を救うことを目指します。記事執筆時点では日本語未対応。

『Hero of the Kingdom: The Lost Tales 1』は、520円で配信中。


――まずは自己紹介をお願いします。

Jaroslav Kurcik氏(以下Kurcik氏)兄のTomasと二人でLonely Troopsとして活動し、インディーゲーム開発をしているJaroslav Kurcikです。私たちは2004年からゲーム開発を始め、以来9本のゲームを作ってきました。現在はカジュアルゲームの開発に力を入れています。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Kurcik氏私たちの最新作である本作は、人気シリーズの4作目になります。私たちの開発サイクルでは一本のゲームあたり2年以上かかるのですが、本作は20ヶ月で完成させることができました。『The Lost Tales』シリーズ作品はあと2本作る予定です。

――本作の特徴を教えてください。

Kurcik氏本作は同シリーズの他作品ととても似ているので、本シリーズの特徴について話させてください。本シリーズはいくつかのジャンルをミックスさせたものです。基本的にはポイント&クリックアドベンチャーとライトなRPGを混ぜたものなのですが、他にも隠れているものを探す要素や、資源マネジメント要素も入っています。プレイヤーはメインストーリーを追いながら、スキルを身に付け、NPCと交流し、クエストを攻略し、アイテムを集めたりトレードしたりするのです。これらすべてがゆったりとした雰囲気の中で行われ、美しいクォータービューとカジュアルなゲームスタイルが特徴となっています。


――本作が影響を受けた作品はありますか?

Kurcik氏気づかなくても、私たちはあらゆるものから影響を受けているものです。私たちがこれまでにプレイしてきたすべてのゲーム、見てきたすべての映画からの影響があるでしょう。しかし、一番影響を受けたのは、プレイヤーたちからのフィードバックです。皆さんとても素晴らしいアイデアをくださいました。

――本作の日本語対応予定はありますか?有志翻訳は可能でしょうか?

Kurcik氏残念ながら私たちのゲームは日本語に対応していません。日本語・中国語・韓国語に対応できるか調べてみたのですが、現時点では技術的に難しいでしょう。アジア言語の専門家が必要だと思うのですが、予算的にも厳しそうです。とはいえ、もし日本語を実装できるようになりましたら、有志翻訳は喜んで受け入れたいと思っています。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Kurcik氏新型コロナウイルスの開発への影響はまったくありませんでした。私たちの国(スロバキア)には大きな影響がなかったのです。早く治療方法が見つかることを祈っています。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Kurcik氏日本の読者の皆さんの幸運と、たくさんゲームをプレイする時間が取れることを祈ります。もし英語でゲームをプレイするのに抵抗がなければ、ぜひ本作を試してみてください。日本の皆さんからのフィードバックを楽しみにしていますし、今後の日本語対応へも繋がるかもしれません。

――ありがとうございました。


◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後のインディーデベロッパーにメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に250を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

Game*Spark Chandler

最終更新:4/26(日) 18:00
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事