ここから本文です

自転車の盗難防止に。サドルを2秒で取り外せるスライド式シートポスト

4/26(日) 20:30配信

ギズモード・ジャパン

イタリアのエンジニアが開発したシンプル・ソリューション。

自転車のサドルが盗難まれないよう、レバーひとつで脱着可能にするシートポスト「QUICK RELEASE SEATPOST」が作られ、現在KICKSTARTERで資金を集めています。

【全画像をみる】自転車の盗難防止に。サドルを2秒で取り外せるスライド式シートポスト

これでもうサドルを盗まれない

自転車泥棒は丸ごと乗って行こうとする場合と、サドルやタイヤなどパーツだけ外そうとする場合があるかと思います。その対抗策として、サドルを縦にしてしまうギミック付き自転車を買ったり、サドルを自分で外して持ち運ぶ人もいるかと思います。それにゲル素材入りなど、ちょっと良いサドルを使っていると、根本のレバーですぐ抜かれてしまうため、チェーンで固定するといった工夫もあることでしょう。

そうした悩みを、もっとシンプルに解決するのがコレかもしれません。レバーを持ち上げて締め付けを緩めれば、サドルがスライドで取り外せるのです。

ほとんどのサドルが取り付けられる

レールが2本あるサドルなら何でも取付けが可能で、角度の調節も思いのまま。これなら自分で根っこから引っこ抜かなくても、サドルのみを持ち歩くことができますね。

このシートポストは、27.2mm、31.6mm、30.9mmの直径が作られており、色は黒と銀が取り揃えられています。お値段は1組75ユーロ(約8,800円)で、お届けは来年2月を予定しているとのこと。

脱炭素化社会とエクササイズも兼ねて、今後ますます自転車に乗る人がますます増えることと思われます。防犯にも目を向けなければいけないとき、こうした便利アイテムが選択肢としてあるとありがたいですよね。

Source: KICKSTARTER via NEW ATLAS

岡本玄介

最終更新:4/26(日) 20:30
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事