ここから本文です

飲食店を応援! テイクアウト商品集め即売会 地域の14店舗が参加 長野・下諏訪町

4/26(日) 18:47配信

NBS長野放送

長野放送

新型コロナウイルスの感染拡大で、通常の営業を変更してお弁当などのテイクアウトに力を入れる飲食店が増えています。そうした店を応援しようという即売会が長野県下諏訪町で開かれました。

即売会には諏訪地域の14の店が参加し自慢のお弁当を出品しました。新型コロナウイルスの影響で、営業の見直しを迫られ、持ち帰りのテイクアウトに力を入れています。

いわゆる「3密」を避けるため、お客は店の外で注文用紙に記入し、スタッフが袋詰めを渡します。主催の丸松水産が、苦境に立つ店を応援しようと企画しました。

丸松水産諏訪店・松浦志保所長:
「(店のテイクアウトが)なかなか周知できない状況で、利用者もまだ少ない。ぜひ知って活用いただいて、地域を支えていただきたい」

店には、親会社が開発した全身の除菌が出来るという「ミストシャワー」も設置され、関心を集めていました。

長野放送

最終更新:4/26(日) 18:47
NBS長野放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事