ここから本文です

中高生向けの「オンラインワークショップ」、講師に中込遊里・福原冠ら

4/26(日) 16:34配信

ステージナタリー

たちかわシェイクスピアプロジェクトがGW中に中高生向けの「オンラインワークショップ」を開催する。

たちかわシェイクスピアプロジェクトとは、2016年にスタートした、東京・たちかわ創造舎を拠点に活動する劇団・鮭スペアレの中込遊里と、多摩地域の中高生がワークショップを重ねて演劇作品を立ち上げるプロジェクト。5月もワークショップを予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大と東京都の要請などを受け、急きょオンラインで行われることになった。

対象は全国の中学生・高校生および同年齢の人で、Zoomを使ってレクリエーション、シェイクスピアを題材にした座学、グループワークなどが実施される。講師には、たちかわシェイクスピアプロジェクトの代表を務める中込のほか、範宙遊泳 / さんぴんの福原冠、鮭スペアレの劇団員である宮川麻理子、片ひとみ、上埜すみれ、水上亜弓、清水いつ鹿、葵が名を連ねた。

中込は、「演劇を通じて、それぞれの立場からそれぞれのスピードと感覚で話してみませんか? また集まって体いっぱい演劇を楽しめる日のために、今、力を蓄えましょう」と鮭スペアレの公式サイトでコメントしている。参加は無料で、申し込みの受付は5月2日17:00まで。詳細は公式サイトで確認しよう。

■ たちかわシェイクスピアプロジェクト2020「ゴールデンウィーク集中ワークショップ@オンライン」
2020年5月3日(日・祝)~6日(水・振休)14:00~17:00

講師:中込遊里、福原冠 / 宮川麻理子、片ひとみ、上埜すみれ、水上亜弓、清水いつ鹿、葵

最終更新:4/26(日) 16:34
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事