ここから本文です

岡村隆史さん、生活苦の「可愛い子が性風俗に」ラジオでの発言に批判殺到【新型コロナ】

4/26(日) 16:45配信

ハフポスト日本版

お笑い芸人の岡村隆史さんが4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』内で、経済や雇用の状況が悪化した結果、性風俗店で働かざるを得なくなる女性が出ると予想、「コロナが収束したら絶対おもしろいことある」と発言した。

新型コロナウイルス感染症の流行により貧困に苦しみ、選択の余地がない中でセックスワーカーとして働くという状況を歓迎するような発言に、「岡村さん流の問題提起だ」という意見もあるものの「女性の貧困問題を軽視している」など批判の声が大きくなっている。


発言は、読者から寄せられた「今後しばらくは風俗に行けない」などという悩みを取り上げた際のもの。

「今面白くなかったとしても、コロナが収束したら絶対おもしろいことあるんですよ」と前置きし、「コロナ明けたらなかなかの可愛い人が、短期間ですけれども、美人さんがお嬢(性的サービスを提供する店員)やります。これなぜかと言えば、短時間でお金を稼がないと苦しいですから」と発言。

「3ヶ月の間、集中的に可愛い子がそういうところでパッと働きます。そしてパッとやめます。それなりの生活に戻ったら」とし、「その3ヶ月のために頑張って今は歯食いしばって頑張りましょう」「ぼくはそれを信じて今頑張っています」と結んだ。

一連の発言の間、何度もスタッフの笑い声が起きていた。

新型コロナウイルス感染症の流行が続き、経済への影響は深刻さを増している。NHKによると、政府は4月の月例経済報告で景気について「急速に悪化しており、極めて厳しい状況にある」とした。支援団体にはすでに、仕事を失い生活に困窮した人たちから多くの相談が寄せられている。

こうした状況下での岡村さんの発言に対し、「女性蔑視だ」という批判のほか、「本当は社会福祉がここに入らないといけないのに、女性は風俗に誘導される」など、貧困女性が性的な搾取の対象になりやすいという社会としての問題を指摘する声も上がっている。

ハフポスト日本版編集部

最終更新:4/26(日) 16:45
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事