ここから本文です

【新型コロナ】広島県内計148人に 広島市などで2人感染感染

4/26(日) 20:11配信

山陽新聞デジタル

 広島県と広島市は26日、新たに計2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同市では指定医療機関の市立舟入市民病院(同市中区)の看護師1人の感染が判明。市は院内感染が発生したとみている。広島県内での感染確認は148人となった。

 市によると、看護師は今月から新型コロナ感染者が入院する病棟で勤務。24日に発熱などがあり、25日のPCR検査で陽性が判明した。同病院に入院しており、現在は軽症という。濃厚接触者の同居家族2人は陰性。市は本人の希望で性別、年齢などを非公表としている。

 同病院には感染者約20人が入院中で、市は感染防護を徹底していたと説明。今後、必要に応じて医師や看護師ら医療従事者の調査を行う。

 県が発表したのは、県内の女性1人で、感染者の濃厚接触者。軽症という。居住地や年代、職業などは本人の希望で非公表とした。

最終更新:4/26(日) 21:57
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事