ここから本文です

解雇、失業…。仕事のピンチでもらえるお金と申請方法

4/26(日) 19:10配信

ファイナンシャルフィールド

もしも会社の業績悪化が原因で解雇されてしまったら、今後の生活や次の仕事探しなど不安が尽きないことと思います。そんなピンチを乗り越えるために用意されている、国の制度について解説します。

「失業手当」を受け取ろう!

仕事を失ったときに頼れる制度として最も知られているのが、この通称「失業手当」と呼ばれる、雇用保険制度における「基本手当」ではないでしょうか。

失業中でお給料が入ってこないあいだ、生活費の心配をすることなく焦らず再就職先を見つけられるように、一定期間手当を受け取ることができるという制度です。失業手当を受け取れるのは、以下の3つの条件すべてにあてはまる方です。

●雇用保険に加入している人
31日以上雇用される見込みがあって、1週間の決まった労働時間が20時間以上ある人であれば原則加入しています。

●離職の日以前2年間に被保険者期間(賃金の支払いの基礎となる日数が11日以上ある月)が12ヶ月以上あること
倒産や解雇による失業の場合は条件が緩和され、「離職の日以前1年間に被保険者期間が6ヶ月以上あること」になります。

●就職する意思と能力があって、ハローワークで求職の申し込みをしていること
ここでいう「能力」とは、いつでも働ける状態であるということです。病気やケガなど健康状態や育児や介護など、家庭環境などの関係でしばらく働けないという方や働くつもりがないという方は対象になりません。

失業手当はいつからいつまで、いくらもらえる?

失業手当の詳細を確認しておきましょう。

●失業手当はいつから?
これは失業した理由によって大きな差があります。倒産、解雇、契約期間満了など会社都合による離職の場合は、離職票を提出して求職申し込みをしてから7日を経過した後から支給されます。一方、自己都合での離職の場合はその7日プラス3ヶ月経過後です。

●失業手当はいつまで?
失業手当を受け取れる期間は、失業した理由のほかに離職時の年齢や雇用保険の被保険者だった期間の長さによっても変わります。倒産や解雇の場合の支給日数は以下のとおりです(一部、離職日によって異なる支給日数あり)。

1/2ページ

最終更新:4/26(日) 19:10
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事