ここから本文です

帝京、関東一、二松学舎大附が3強を形成!?2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!

4/26(日) 18:30配信

高校野球ドットコム

 春季大会は沖縄県の打ち切りを含む47都道府県が中止が決まった。中止となった今、改めて注目地域である東東京の勢力図を振り返っていきたい。

【動画】2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!

 東東京の勢力図を語る時、第一勢力、第二勢力、第三勢力と呼ばれて語られるときがある。第一勢力の定義は毎年、甲子園、あるいは関東大会を狙える実績を誇るチーム。

【第一勢力】 帝京、関東一、二松学舎大附

 まず帝京。夏12回、センバツ14回。計甲子園優勝3回。昨秋も準優勝。投手は大型左腕・田代 涼太、野手では小松 涼馬という好二塁手がおり、投打ともに戦力十分。

 関東一は昨夏甲子園8強の強豪。夏8回、センバツ6回出場。昨秋はベスト16入りに終わり、巻き返しを狙う。

 鈴木 誠也選手の母校でもある二松学舎大附。初の夏の甲子園出場は2014年。それから計3回と、毎年優勝争いを見せる強豪。昨秋は初戦敗退に終わったが、1年夏に甲子園を経験した山田 将義が残る。

【第二勢力】 都立小山台、岩倉、修徳、東亜学園
都立小山台
 都立高として2年連続準優勝。夏にしっかりと仕上げるチーム作りは素晴らしい。

岩倉
 1984年センバツ優勝。毎年、能力が高い選手を揃え、昨夏もベスト16入り。荻野 魁也(駒澤大)、宮里 優吾(東農大)など多くの主力選手が強豪大へ進学している。

修徳
 2013年甲子園出場。そして国体でも優勝した修徳。昨夏は二松学舎大附を撃破し、ベスト8まで勝ち上がった。

東亜学園
 2018年秋はベスト4、2016年夏は準優勝するなど、勢いに乗った時は止められないものがある。

【第三勢力】 安田学園、都立城東、東海大高輪台、実践学園、日体大荏原、日大豊山、堀越
安田学園
 まず阿部慎之助選手の母校である安田学園。2013年春にはセンバツ出場。昨夏もベスト16入り。

都立城東
 都立の星として期待される都立城東。昨秋は私学を次々と破り、4強入り。2016年夏はベスト4入りするなど都立小山台に負けない実績を誇ります。

東海大高輪台
 2017年夏、速球派右腕・宮路 悠良(東海大)を擁し、準優勝。伝統的に強打のチームを作り上げ、夏には必ず仕上げてくるだけに見逃せないチーム。

実践学園
 2017年、2018年は連続でベスト16入り。149キロ右腕・小山 直弥(桜美林大)を輩出など能力の高い選手を輩出する。

日体大荏原
 都立雪谷を甲子園に導いた相原健志監督が就任してから2018年秋はベスト8、2019年夏はベスト32と着々と戦力は整ってきた。

日大豊山
 2015年夏は準優勝。2019年夏は帝京を下し、ベスト4まで勝ち上がるなど、夏に一気に浮上する強豪校。夏にかけて投打ともにレベルが高い選手が出てくるため見逃せない。

堀越
 井端弘和、岩隈久志など多くの名選手を輩出した名門校。修徳を甲子園に導いた小田川雅彦監督が就任。昨夏、昨秋ともにベスト16まで勝ち上がっており、この夏も戦力を鍛え上げそうだ。

1/2ページ

最終更新:4/26(日) 18:30
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事