ここから本文です

「命がなければサッカーはできない」四日市中央工・伊室監督、高校総体中止に苦しい心境語る

4/26(日) 20:23配信

中日スポーツ

 全国高等学校体育連盟(全国高体連)は26日、臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で今夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)を中止すると決めた。複数の関係者が明らかにした。同大会の中止は史上初めて。

 サッカーで全国高校総体出場29度、優勝2度を誇る四日市中央工・伊室監督は電話取材に「残念で仕方がないが、命がなければサッカーはできない」と受け止めた。休校措置が敷かれる中、3月上旬からはほぼ練習ができていない。「サッカーに懸けてきてくれているのに、サッカーができない。3年生は、進路も不安だと思う」と苦しい心境を語った。

最終更新:4/26(日) 20:23
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事