ここから本文です

株主利益より従業員の雇用維持を! コロナ不況に学ぶROE重視経営の危険性

4/26(日) 20:20配信

LIMO

ROE重視経営は危険なので、行き過ぎないように企業と銀行に慎重さが求められる、と筆者(塚崎公義)は考えています。

ROEを高める手段は高収益とレバレッジ

ROE(Return on Equity)の高い会社は良い会社だ、と言う人は大勢います。ROEというのは利益を株主資本(または自己資本、純資産)で割った値のことですから、「同じだけ資本を使っているなら利益が多い方が良い」ということですね。当然のことのように聞こえますが、実はそうでもないのです。

会社は株主資本(株主から集めた資金等)と負債(銀行から借りた資金等)を使ってビジネスをして利益を稼いでいます。利益を総資本(株主資本と負債の合計。以下同様)で割った値をROA(Return on Assets)と呼びます。これは、高い方が良いですね。

では、ROEとROAの違いは何でしょう。それは、総資本に占める株主資本の比率が違うのです。

負債がなければ、ROAとROEは同じになりますが、総資本の半分が負債ならばROEはROAの2倍になります。分子は同じで分母が半分になるからです。同じ理屈で、総資本の90%が負債ならばROEはROAの10倍に、99%が負債ならば100倍になるのです。

ROAを高めるのは大変なことです。素晴らしい製品を開発したり生産工程を合理化したり、まさに会社の実力が問われますので、社長が全力で取り組む必要があります。

しかし、ROEを高めるだけであれば、財務部長1人で簡単にできます。銀行から借金をして自社株買いをして、A社をB社やC社にすれば良いのですから。

A社:ROAは1% 総資本は100 負債は0 ROEは1%
B社:ROAは1% 総資本は100 負債は50 ROEは2%
C社:ROAは1% 総資本は100 負債は90 ROEは10%

株主が経営者に高ROEを求めるのは当然

株主が経営者に高いROEを求めるのは、当然のことです。「私が投資した資金を効率よく用いて高いリターンを戻してくれよ」ということですから。したがって、社長がROAの向上に全力で取り組む必要があるのは当然です。

しかし、財務部長がROEを上げるためにC社を目指すことに関しては、問題があります。借金をして自社株買いをするということは、企業が倒産した場合のリスクを銀行に押し付けるということになるからです。

A社は、赤字になれば、それは全て株主の損になります。B社も、赤字が50以下ならば、それは全て株主の損になります。しかし、C社は、赤字額が10を越えると、超えた部分は銀行の損になるのです。株主有限責任の原則により、株主は出資額以上の損失を負担する必要はないからです。

これは、株主にとって非常に都合の良い一方で、日本経済にとっては都合の悪い状況です。

1/3ページ

最終更新:4/26(日) 20:20
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事