ここから本文です

『いいね!光源氏くん』千葉雄大&桐山漣、裸で肌寄せ合い…“美男子シーン”に歓喜の声

4/26(日) 17:00配信

クランクイン!

 俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)の第4話が25日に放送され、千葉と桐山漣が裸で眠るシーンにネット上では「ありがとうございます」「サービスタイムかよ!!」と歓喜の声が寄せられた。

【写真】“美男子2人”千葉雄大&桐山漣 『いいね!光源氏くん』第4話より


 光(千葉)が消えてから意気消沈の日々を送っていた沙織(伊藤沙莉)だったが、ある新月の晩にすだれの音で目を覚ますと、そこには直衣姿の男の後ろ姿が。沙織は光が戻って来てくれたと思い喜んで抱きつくが、それは見知らぬ男(桐山)。男は源氏物語で光のライバル的な存在である頭中将(この時は三位中将)だった。

 沙織の家で暮らし始め、すぐにスマートフォンを使いこなした中将は、SNSで「Purple_amore」というアカウント名の人物と交流。投稿写真から相手が光なのではないかと感じた沙織は、光との再会を期待し、中将に直接会うことを勧め、後をつける。

 沙織の予想通り、「Purple_amore」は光だった。交通事故による消失後、なぜかハワイに移動していたという光は、そこで出会ったフィリップなる人物に保護され、5日ほど前に日本に帰ってきたところだという。現在はフィリップとはぐれ、ネットカフェで寝泊まりしているという光を、沙織は改めて自宅に住まわせることに。

 かくして光と中将の2人を連れて帰った沙織。光と中将はリビングで、沙織は寝室で寝ることになったが、翌朝目覚めた沙織が目にしたのは、赤いバラの花びらが散る布団の上で、裸で身を寄せ合い眠る光と中将の姿。驚がくした沙織に2人は「ゆうべはやけに暑くてな」と笑うのだった。

 このシーンにネットでは「ありがとうございます」「サービスタイムかよ!!」「見事なBL」と興奮の声が寄せられていた。

最終更新:4/26(日) 17:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事