ここから本文です

リヴァプールの17歳FW、“レジェンド”への憧れを明かす「彼のように…」

4/26(日) 17:13配信

SOCCER KING

 リヴァプールに所属しているU-17イングランド代表FWハーヴェイ・エリオットが、自身の憧れの選手と参考にしている選手について語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が25日に同選手のコメントを伝えている。

 まず、エリオットは憧れの存在として、現役時代にリヴァプールで活躍し、現在はスコットランド・プレミアリーグのレンジャーズで指揮官を務めているスティーヴン・ジェラード監督の名前を挙げた。エリオットはレジェンドとしてリヴァプールのクラブ史に名を刻んだジェラード監督のように、多くのタイトル獲得に貢献したいと意気込んだ。

「僕はジェラードのようにリヴァプールのレジェンドになりたいと思っていて、そのために懸命に努力している。この偉大なクラブでプレミアリーグとチャンピオンズリーグを勝ち取りたいんだ。僕にとっては、それが頑張るモチベーションだ。それらのタイトルを獲得するためにできることは何でもする。クラブの力になるために努力を続けているよ」

 また、右ウイングを本職としているエリオットは、同クラブに所属しているエジプト代表FWモハメド・サラーのプレーを参考にしているという。同じポジションであることだけでなく、サラーが若手選手に与える影響力の大きさについても言及した。

「同じポジションでプレーする彼は僕が最も参考にしている選手だ。トレーニングで彼と共にプレーする時には、多くのことを学んでいる。ジムでも同様に、彼は僕がもっと良い選手になるためのアドバイスをくれるんだ。彼の存在は多くの若手選手に良い影響をもたらしている」

 現在17歳のエリオットは2019年夏にフルアムからリヴァプールに加入。現在はU-23チームが主戦場となっているが、今年1月に行われた第21節のシェフィールド・U戦ではリヴァプールの一員としてのプレミアリーグデビューを飾った。今季はトップチームの公式戦でここまで7試合に出場している。

SOCCER KING

最終更新:4/27(月) 15:57
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事