ここから本文です

西村再生相の「自宅待機」取りやめ、感染職員は濃厚接触者に該当せず

4/26(日) 21:01配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 内閣府は26日、新型コロナウイルス感染症対策推進室職員の新型コロナ感染を受けた西村康稔経済再生担当相の「自宅待機」を同日限りで取りやめると発表した。西村氏と職員は濃厚接触者に該当しないことが保健所で確認されたためとしている。

西村再生相はPCR検査も受けて陰性であることが確認され、27日は日本銀行の金融政策決定会合に出席する。

内閣府は24日に40代男性職員の新型コロナ感染を公表。この職員は19日の西村再生相による東京大学医学部付属病院の視察に随行していたため、保健所からの指導があるまでの間、西村氏の自宅待機措置を実施していた。

(c)2020 Bloomberg L.P.

Masaru Aoki

最終更新:4/26(日) 21:01
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事