ここから本文です

「愛のマスク」100枚、小中学校に寄贈 大洲婦道会

4/26(日) 16:30配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛県大洲市中心部の肱南地区の住民でつくる大洲婦道会がこのほど、会員が手作りした布製の立体マスク計100枚を、同地区の小中学校に贈った。
 少しでも地域に役立ちたいと、同会の上野マリエ会長(73)が発起人となりマスク作りを会員に呼び掛けた。
 国が出した緊急事態宣言が全都道府県に拡大する前の学校再開日(20日)に合わせ、普段からイベントなどで交流のある大洲南中学校に大サイズ50枚、大洲小学校の1~3年生に小サイズ25枚、4~6年生に大サイズ25枚を「愛のマスク」と名付けて21日に寄贈した。

愛媛新聞社

最終更新:4/27(月) 11:00
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事