ここから本文です

モハメド・アリ、ジョーダンとの秘話も タイガーが幼少時からのスポーツの思い出を振り返る 

4/27(月) 12:08配信

ゴルフ情報ALBA.Net

タイガー・ウッズ(米国)が、契約するGOLF TVのインタビューに登場。今回は自身の幼少時からのスポーツの思い出について語り、その内容を米ゴルフダイジェスト誌が伝えている。

ゴルフ界のスーパースター タイガーのスイングがこちら【連続写真】

スポーツファンとして知られるタイガーは、『子供の頃のヒーローは?』と聞かれると、「モハメド・アリ(ボクシング)、アーサー・アッシュ(テニス)、マイケル・ジョーダン(バスケットボール)」と3人の黒人選手の名前を挙げた。そして『好きなプロチームは?』という問いには「ロサンゼルス・レイカーズ(NBA)、ロサンゼルス・ドジャース(MLB)、レイダース(NFL※元々ロサンゼルスが本拠地で現在はラスベガス)」の3チームを挙げ、「他のチームはまったく応援しないよ」と生まれ育ったロサンゼルスのチームの根っからのファンであることを公言した。

またヒーローたちに会った秘話も公開。モハメド・アリとは、2004年にニューヨーク州ロングアイランドのシネコックヒルズCC近くのホテルでバッタリと出くわしたことも。「何度かアリと会う機会はあった。このときは僕がホテルでチェックインをしようとフロントデスクに並んでいたら、誰かに右脇腹をスパークされた。なんだ!?と思って振り返るとアリが立っていて、“ヘィ、坊や”と笑っていた。彼はもう若くもないのにあのパンチ力。ものすごく痛かったよ」と驚きを隠さず、「やり返す? とんでもない。この勝負には僕は勝てない」。さすがのタイガーもアリには叶わないようだ。

またマイケル・ジョーダンには、1997年のシカゴ・ブルズ対NYニックスの東地区ファイナルの観戦に招待を受け、チームのトレーニングを見る機会を得たという。「ものすごい集中力で、すごかった。あの中に居られたことはものすごい経験だった」とタイガー。大のゴルフ好きのジョーダンとは、その後も親交が続いているが、『ジョーダンとタイガーはどちらの闘争心が高い?』と聞かれると「どちらも。ジョーダンのほうが外見上はものすごく熱くなるが、僕は試合中にひどく熱くなるところもある」と話した。

また88年には、父のアールさんとドジャース対オークランド・アスレティックスのワールドシリーズ第1戦を観戦。カーク・ギブソンが9回裏にホームランを打ってドジャースが逆転勝利した試合を、「彼のガッツポーズはよく覚えている」と振り返った。ウッズは幼少の頃に父の影響で野球をプレー。「父がキャッチャーで僕がピッチャーだった。でもあの頃に野球をやっていたことがゴルフでもこれだけ足を使えることに通じたんだと思う」と亡父を懐かしんでいた。(文・武川玲子=米国在住)

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:4/27(月) 12:08
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事