ここから本文です

【天皇賞・春見どころ】連覇を狙うフィエールマンが中心

4/27(月) 10:00配信

netkeiba.com

 フィエールマンに注目したい。史上5頭目の天皇賞・春連覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■5/3(日) 天皇賞・春(4歳上・GI・京都芝3200m)

 フィエールマン(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)は本レースのディフェンディングチャンピオン。今回は有馬記念(4着)以来4か月半ぶりとなるが、休み明けは苦にしないタイプであり、中間の調整も順調。連覇へ向け視界は良好だ。鞍上はC.ルメール騎手。

 ユーキャンスマイル(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は前哨戦の阪神大賞典を快勝。右回りへの不安を払拭する好内容で重賞3勝目を飾った。主戦である岩田康誠騎手の離脱は痛いが、昨年5着に敗れた雪辱を果たしGI初制覇なるか。

 キセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)は2017年の菊花賞馬で、他にもGIで2着3回の実績がある。前走の阪神大賞典は人気を裏切る結果となったが、能力全開なら巻き返せるはず。本レース8勝を誇る武豊騎手との初コンビで改めて注目したい。

 その他、日経賞を制したミッキースワロー(牡6、美浦・菊沢隆徳厩舎)、阪神大賞典で2着のトーセンカンビーナ(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)、同3着のメイショウテンゲン(牡4、栗東・池添兼雄厩舎)、日経新春杯の覇者モズベッロ(牡4、栗東・森田直行厩舎)、重賞2着4回のエタリオウ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

最終更新:4/27(月) 10:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事