ここから本文です

コロナ禍の中、歴代最高の売り上げを記録

4/27(月) 11:30配信

netkeiba.com

 コロナウイルス感染拡大以降、北米では一部の限られた競馬場のみで無観客による開催が続いているが、そんな中、24日(金曜日)にカリフォルニア州のロスアラミトス競馬場で行われたナイター開催が、歴代最高の売り上げを記録したことが明らかになった。

 施行された9競走に、ファンがオンラインを通じて投じた馬券売り上げの合計は246万6567ドル(約2億7132万円)に到達。過去最高だった2003年11月1日(13競走を施行)にマークした237万9112ドルを、17年振りに更新する新記録となったものだ。ロスアラミトスは前週の17日、18日にも230万ドルを超える売り上げがあり、記録更新が期待されていた。

 この日、北米でナイター開催を行っていたのはロスアラミトスとレミントンパークの2場のみだったが、レミントンパークの方が先に終了したため、ロスアラミトスの後半4レースは単独開催となっていた。

 この日のロスアラミトスは基本的にはクオーターホースによる開催だったが、一部の競走では、フルゲートに満たない場合、クレイミング価格が5千ドル以下のサラブレッドにも門戸を開放して施行されている。

 なお、ロスアラミトスの25日(土曜日)の開催も、売り上げが284万3573ドルに達し、更に新しいレコードが樹立されている。


(文:合田直弘)

最終更新:4/27(月) 11:30
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事