ここから本文です

京都で5頭多重落馬、岩田康が骨折疑い 松山は大事至らず…レースは乗り代わりに

4/27(月) 6:00配信

デイリースポーツ

 26日の京都1Rで5頭が落馬するアクシデントが起こった。直線入り口で岩田康騎乗のダイヴィンダートが転倒。その影響を受けたマーブルレディー(松山)、アビーシュート(松若)、シャムエル(小崎)、アカツキリンダ(高倉)が次々と落馬した。また、サンマルマオリオも競走を中止したため、完走したのは16頭中10頭となった。

【写真】危ない!ダイヴィンダートが転倒 落馬する岩田康

 岩田康、松山は京都府内の病院に搬送され、日曜は残りの全てのレースで乗り代わりとなり、マイラーズCのブラックムーンは松山から武豊に変更となった。

 松山について、師匠の池添兼師は「本人から連絡があり、骨も大丈夫とのことだった。声も元気だった。念のために、きょうは検査入院するとのことだけど、大事に至らなくて良かった」と説明。メイショウテンゲンとコンビを組む天皇賞・春(5月3日・京都)には騎乗できる見込みだ。また、JRAによると、岩田康は右前腕骨骨折の疑いと診断された。

最終更新:4/27(月) 7:33
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事