ここから本文です

職員が動物塗り絵 かみね動物園HPで発信「家で楽しんで」

4/27(月) 10:00配信

茨城新聞クロスアイ

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛要請が続く中、休園中の日立市かみね動物園(同市宮田町5丁目)は、自宅で過ごす子どもたちに楽しんでもらおうと、オリジナル「動物塗り絵」を同園公式ホームページで発信している。これまでにマンドリルの雄と雌、シカの3種類を公開しており、ワークシートをダウンロードして楽しめる。

塗り絵は「おうちでZOO!ワーク編」と題し、遊びながら動物のことを知ることができる塗り絵イラストを週1回程度のペースで掲載する。

マンドリルは鮮やかな顔の配色を想像しながら塗ることができる。シカは角の生え方を考えたり、自由な発想で描いたりして遊べる。イラストはいずれも同園の職員が作成した。

企画の中心となった獣医師の川瀬啓祐さん(31)は「家の中で動物のことを考えながら楽しんでもらいたい。動物園が再開したら実際に見に来て確認してほしい」と話した。

川瀬さんらは参加者に向けて、完成した作品を撮影し、ハッシュタグ「#おうちでZOO作品展」を付けて会員制交流サイト(SNS)に投稿し、共有しようと呼び掛けている。

同園はこのほか、園内の動物の様子などを撮影した動画をツイッターやフェイスブックで配信している。(湯浅奈実)

茨城新聞社

最終更新:4/27(月) 10:10
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事