ここから本文です

橋本真也さんの長男・大地 初Vも心境複雑…無観客に「気持ちがごちゃ混ぜ」

4/27(月) 7:30配信

デイリースポーツ

 「プロレス・大日本」(26日、会場非公開)

 政府の緊急事態宣言を受けて中断していた、20人が4組に分かれて争うリーグ戦の準決勝と決勝が無観客のテレビマッチで放送され、故橋本真也さんの長男の橋本大地が自身初、BJW認定世界ストロングヘビー級王者としても初の優勝を果たした。

【写真】在りし日の橋本真也さんの姿も…2004年 闘魂三銃士の3ショット

 準決勝で関本大介を破った大地は、ジェイク・リー(全日本)を破ったクワイエット・ストーム(フリー)と決勝で激突。ストームのパワフルな攻めに追い詰められたが、最後は閃光魔術、ライジングDDTをたたみ掛けて勝利をもぎ取った。

 大地は無観客の中で手にした栄冠に「実感沸かねえな。みんなの前で試合したかった。さみしい気持ちと悔しい気持ちとうれしい気持ちがごちゃ混ぜになっている」と心境複雑。それでも、「(視聴者が)これ見て少しでも元気になってくれたらいい」と前を向いた。

最終更新:4/27(月) 8:58
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事