ここから本文です

「大人になるまでセックスしちゃダメ?」 漫画で考える高校生の性 『アスクミ先生に聞いてみた』8時間目

4/27(月) 17:00配信

ねとらぼ

 学校では教えてくれない質問に阿須名久美(アスクミ)先生がズバリ答えてくれる漫画『アスクミ先生に聞いてみた』(作:後藤羽矢子)。8時間目は、年上の男性とお付き合いしている生徒から「大人になるまでセックスしちゃダメ?」という質問です。アスクミ先生版、性教育のおはなしです。

【画像】漫画を読む

生徒からの質問に答える

 25歳の彼氏と付き合っていることが親にバレてしまった高校2年生の白井さん。お父さんに怒られ、「なんで大人になるまでセックスしちゃダメなんですか?」という疑問を持ったのでした。初潮がきていれば、体は出産できるようになったということ。それならセックスしても良いのではないか、というのが白井さんの主張です。

 実はアスクミ先生、この相談に対しての自分なりのFA(ファイナルアンサー)がまだ見つかっていません。そこで、白井さんと一緒に答えを探すことに。そこでまずは白井さんに質問です。「セックスってどういものだと思ってる?」そう尋ねてみると「恋人同士がする愛の行為!!」と、とてもロマンチックな答えが返ってきました。

 しかしセックスは現代において、いろんな意味や側面があります。繁殖行為や恋人同士のコミュニケーション手段である一方で、暴力的な行為になることもあるし、商品になることもあります。

 そして危険な行為の場合には、弱者が傷を負うことになります。そのためセックスとうまく付き合うには、性の知識や相手への思いやりなど、身体よりも「心の成熟」が必要になると、アスクミ先生は語りかけます。

 楽しさと危険が隣り合わせであったり、知識や責任が必要な行為ということで言えば、セックスは車に乗る行為に似ています。だからこそ大人になってからセックスをするべきと、アスクミ先生は回答を導き出しました。白井さんには「自分を守るための知識と責任を持ってほしい」と答えたのでした。

 さらに白井さんからの「学校のふんわりすぎる性教育では知識が偏る」という話から、テスト問題のサイトを作成。後日、彼にテストをしてもらったところ、全然できなかったことから「あれはヤベエな~~」と思って別れたそうです。年齢イコール心の成熟度ではないのがよく分かる一件だったようですね。

 高校生でセックスに対しての憧れを持っている人もいるかもしれません。自分や大切な人のことを傷つけないためにも、正しい知識と責任を身に着けておきたいですね。

(C)後藤羽矢子/竹書房

ねとらぼ

最終更新:4/27(月) 17:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事