ここから本文です

大相撲夏場所、新大関朝乃山は西 20歳琴勝峰が新入幕

4/27(月) 7:30配信

共同通信

 日本相撲協会は27日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2週間延期された大相撲夏場所(5月24日初日・両国国技館)の新番付を発表し、26歳の新大関朝乃山は西に座った。昨年夏場所の貴景勝以来の新大関で、富山県出身では太刀山以来111年ぶり。

 2横綱は2場所連続45度目の優勝を狙う白鵬が3場所続けて東の正位を務める。西の鶴竜は7度目の賜杯獲得を目指す。東大関の貴景勝は2度目のかど番。

 20歳のホープ、琴勝峰が新入幕を果たした。関脇は東の正代が2場所連続、西の御嶽海は3場所ぶりに復帰した。

最終更新:4/27(月) 7:42
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事