ここから本文です

セーフティトレーニング/シニアドライバーズスクール、2020年度も開催へ

4/27(月) 15:00配信

レスポンス

日本自動車工業会は4月24日、日本自動車連盟(JAF)、全日本交通安全協会との共催で、2020年度も一般のドライバーを対象とした「セーフティトレーニング」と50歳以上のベテランドライバーを対象とした「シニアドライバーズスクール」を全国で開催すると発表した。

関連画像を見る

開催概要や日程は決定したものの、2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大の状況によって開催は不確実としている。講習受講を希望する場合、主催するJAF支部への確認するよう求めている。

セーフティトレーニングは、「ドライバー(人間)と車両の特性」に関する知識を、運転体験を通じて学んでもらい、公道では体験できない運転操作や車の挙動をマイカーで実際に体験してもらい、今後の安全運転に役立ててもらうための実技講習会。

7月19日に宮城県運転免許センターでの開催を皮切りに全国で実施する。

シニアドライバーズスクールは、50歳以上のベテランドライバーまたは高齢ドライバー向けに、運転の基本操作「走る・曲がる・止まる」「見る・判断する・操作する」を実際の運転を通じて再確認する講習会。

7月11日の茨城(茨城県警察運転免許センター)を皮切りに順次、実施する予定だが、茨城県開催は検討中で、7月24日に予定していた千葉(流山運転免許センター)は中止を決定した。

レスポンス レスポンス編集部

最終更新:4/27(月) 15:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事