ここから本文です

人の感性や能力を拡張、パナソニックのAug Labが研究パートナー募集

4/27(月) 11:05配信

MONOist

 パナソニックは2020年4月23日、2019年に設立した「人間の能力や感覚の拡張」をテーマとした学際的バーチャルラボ「Aug-Lab」の取り組みについて、メディア向けオンラインセミナーで紹介。1年間の活動成果を発表するとともに、さらなるオープンイノベーションを加速させるために、新たな共同研究パートナーの募集を発表した。

人の感性の解析と理解、体系化を進める取り組み(クリックで拡大)出典:パナソニック

「自己拡張」をテーマにした学際的バーチャルラボ

 パナソニックでは、ロボティクス技術がもたらす新しい価値として「自己拡張(オーギュメンテーション、Augmentation)」と「Automation(オートメーション、自動化)」の2つの方向性での研究を進めている。その中で、「自己拡張」の研究開発領域は、世界的に見ても確立された領域ではなく学際的な領域でもあるため、パナソニック単独ではなく、また工学者だけでもない研究体制が求められる。そこで、2019年4月に学際的バーチャルラボ「Aug Lab」を開設した(※)。

(※)関連記事:キーワードは「拡張」、“第3の腕”や“新たな歩行感覚”を作る未来型ロボット研究施設

 パナソニック マニュファクチャリングイノベーション本部 ロボティクス推進室 総括担当の安藤健氏は「経済合理性と個人のQoL(生活の質)を両立した『Well-being(良い状態)』な世界の実現を目指している。そのためにはロボットが行うことと人が行うことのバランスを取るようにしなければならない。生産性向上を目指すのがオートメーション技術で、個人がより良い幸福を実現するのがオーギュメンテーションだという考えだ」と考えを述べている。

 「Aug Lab」の具体的な活動は、プロトタイピングを通じて自己拡張技術を開発し人や感性に関する知見を蓄積することだ。最新知見を持った共同研究パートナー(研究者やアーティストなど)と進める。また、開発のプロセス自体をデザインし体系化を目指しながらも事業化や販売促進方法などの検討も進めるという。

 2019年度の活動の中では「人の感性の解析や理解」の面では、感性価値を構造的に理解する分類と構造化を推進し、「身体的感覚」「生理的感覚」「外界への感覚」「精神的感覚」などの4つの大分類を行いその中の細かい分類を行うことで、体系化を行った。「この分類についてはオープン化し共有できるようにしていく」(安藤氏)。併せて、カメラ顔画像と自律神経状態との「Well-being度」との相関関係を計測する実験を開始し、「Well-being度推定技術」の開発にも取り組む。

 一方の「プロトタイプ開発」では、グローバルでのワークショップを通じたアイデア創出や、共同研究によるプロトタイプの本格開発を行っている。記者会見ではそのプロトタイプの例として、呼吸する壁「TOU(トウ)」と、コミュニケーションロボット「babypapa(ベビパパ)」遠隔応援デバイス「CHEERPHONE(チアホン)」を紹介した。

呼吸する壁「TOU」

 「TOU」は、部屋の外を流れる風の動きを室内の壁で再現するものだ。「Aug Lab」とコネルの共同プロジェクトとして開発が進められている。磁力に反応する特殊な表面材と電磁石が等間隔に配置されたバックパネルの組み合わせで動きを作る。外の風の動きを画像や風力計などのセンサーデバイスで計測し、その動きを電気制御により部屋の壁に再現するという仕組みである。

 「人々の生活がますます効率化へ進む中で、脳を弛緩させる“ボーッとできる”時間がますます少なくなっている。TOUは人工的、機械的に意図を持った演出から離れた不規則なゆらぎを再現する。これにより、脳に弛緩をもたらすことができる」と安藤氏は説明する。

コミュニケーションロボット「babypapa」

 「babypapa」は、3体1セットのコミュニケーションロボットで、連携し合うことでさまざまな反応をする。単純な動きで、歌ったり、笑ったり、泣いたり、子供向けの非言語コミュニケーションを可能としている。

 腹部についたカメラで笑顔の瞬間や何気ない日常を記録する。撮影した写真はスマートフォン端末やタブレット端末で確認可能。GOCCOの開発協力により実現したという。安藤氏は「人と人の関係をより良くするコミュニケーションを実現するという発想で開発した」と述べている。

距離を超えた応援を実現する「CHEERPHONE」

 「CHEERPHONE」は、親機と子機の2つのセットで、親機にはマイク、子機にはスピーカーとLEDライトが搭載されている。会場に行けない人がアプリを通じて、子機を託す人を探し、マッチングした相手に子機を預け、託された人が会場に子機を持っていく。自宅などの離れた場所に居る人が親機を持って応援することで、会場の子機に「声」が届くというものだ。

2020年度も共同研究を募集

 「Aug Lab」では、2020年度も共同研究パートナーを募集している。「達成感」「没入感」「ポジティブ感情」「意義」「関係性」などをキーワードとして、人の能力や感性を引き出し、拡張することを重点的な取り組み課題とし、感性価値を高めることができるプロダクトやサービスのプロトタイピングを実施する。公募件数は2~3件程度で、1件当たり300~500万円の共同研究費用を用意する。応募締め切りは2020年5月29日だとしている。

MONOist

最終更新:4/27(月) 11:05
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事