ここから本文です

iPhone SE(第2世代)の修理代金、AppleCare+未加入だとディスプレイは1万4500円

4/27(月) 12:42配信

ITmedia Mobile

 Appleが4月24日に発売した「iPhone SE(第2世代)」。その修理代金とAppleCare+の料金が明らかになった。

ディスプレイの修理代金

 AppleCare+に加入すると、保証期間が通常の1年から2年に延長され、過失や事故で故障した際にApple正規サービスプロバイダーに持ち込めば、割安の料金で修理をしてもらえる。AppleCare+への加入は、iPhoneの購入時もしくは購入してから30日以内に「設定」→「一般」→「情報」→「AppleCare+ 保証が利用可能です」から購入できる。

 AppleCare+に加入している場合、ディスプレイの修理代は3400円(税別、以下同)、その他の修理代は1万1800円で済む他、バッテリーは0円で交換してもらえる。これはiPhoneのどのモデルでも同じだ。

 iPhone SE(第2世代)を利用するユーザーで、AppleCare+に未加入の場合、ディスプレイの修理代は1万4500円、その他の修理代は3万400円、バッテリーの交換費用は5400円となる。

ITmedia Mobile

最終更新:4/27(月) 12:42
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事