ここから本文です

新しい地図、日本財団と基金設立 「新型コロナプロジェクト」開始&3000万円を寄付

4/27(月) 13:49配信

ねとらぼ

 稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんによる「新しい地図」は4月27日、日本財団と新たな基金「LOVE POCKET FUND」(愛のポケット基金)を設立。まずはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策支援に取り組むため、「新型コロナプロジェクト」をスタートし、同プロジェクトへの3000万円の寄付を発表しました。

【画像】「NAKAMA to MEETING」時の稲垣さん、草なぎさん、香取さん

 基金が誕生したきっかけは2019年。「新しい地図」が始まって2年という節目に「どんな時でも応援していただいている皆さん(NAKAMA)の支えにより現在の自分たちが存在している、この感謝の気持ちを何かの形にしたい」という新しい地図からの申し出に、日本財団が応えて協力を決定しました。「『for youだけど for meでもある』“あなたのため”が“自分のため”になる、の言葉を胸に、『誰かにやさしくすることで自分も幸せになれる』、そんなファンドを目指していきます」としています。

 当初は、1つのポケットに皆の愛を入れていく「愛のポケット基金」を構想し、主に生きにくさを抱えている女性、子どもへの支援、高齢者・地方創生への支援を行うため、基金を2020年春に立ち上げ、ファンミーティングで発表する準備を進めていたといいます。しかし、世界中で新型コロナウイルスが感染拡大したことを受け、「新型コロナプロジェクト」から始動することに方向転換。医療関係者や子どもを含めた家族の支援、両親・ひとり親感染家庭の児童の預かりなどの支援を行う方針としています。

 今後は、「金銭、物資面に限らず支えを必要とする皆さんに寄り添っていく取り組みも展開していく予定」としており、全支援先・支援内容については「LOVE POCKET FUND」 公式サイトで随時更新していくことを発表しています。

稲垣吾郎さんコメント

 事態が収束し、一日も早く全ての人々が穏やかな暮らしを取り戻せることを祈って。

 これからも一緒に頑張っていきましょう。

1/2ページ

最終更新:4/27(月) 13:54
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事