ここから本文です

児相が保護者感染の子を預かり 愛知、養育困難な家庭

4/27(月) 11:51配信

共同通信

 愛知県の大村秀章知事は27日、新型コロナウイルスに保護者が感染し、子どもの養育が困難な家庭について、県の児童相談センターが、子どもを一時保護所で預かると発表した。既に21日から小学生の児童2人を預かっている。

 保護者がPCR検査で陽性と判定され、親族らの養育者もいない子どもが対象。保護者や保健所からの相談を受け、センターが判断する。

 2人を預かったケースでは、感染の拡大を防ぐため、元から保護所にいた子どもは別の施設に移動したという。

最終更新:4/27(月) 12:03
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事