ここから本文です

日銀の金融機関への新たな資金供給手段を評価=西村経済再生相

4/27(月) 13:36配信

ロイター

[東京 27日 ロイター] - 西村康稔経済再生担当相は27日、日銀が同日の金融政策決定会合で金融機関への新たな資金供給手段の検討を行うとしたことについて「緊急経済対策における資金繰り対策を日銀の立場から支えるもの」と評価。政府と日銀のポリシーミックスを強化するものとの見方を示した。西村経済再生相は政策決定会合に出席した。

日銀は政府の緊急経済対策を踏まえた資金繰り制度として、金融機関への新たな資金供給手段の検討を早急に行うこととした。

またCP・社債を合計約20兆円の残高を上限に買い入れを実施することを決定した。従来の合計額は7.4兆円だった。

国債については上限を設けずに必要な買い入れを行うこと、3月の決定会合時に導入した新たな特別オペの拡充を行うことなども決定した。

西村経済再生相は、新型コロナウイルスの影響から日本経済を早期に回復させるため、「政府・日銀で緊密に連携する」とし、「緊急経済対策の補正予算、早期成立に向けて全力を尽くす」と述べた。

(浜田寛子 編集:高木匠)

最終更新:4/27(月) 13:36
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事