ここから本文です

iPhone SE(第2世代)が発売される(SIMフリー版)/「無制限ルーター」の障害はなぜ発生した?

4/27(月) 15:40配信

ITmedia Mobile

 ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「ITmedia Mobile Weekly Top10」。今回は2020年4月20日から2020年4月26日までの1週間について集計し、まとめました。

【SIMロックフリー版の販売が始まった「iPhone SE(第2世代)」】

 4月24日、AppleのWeb直販と一部量販店で「iPhone SE(第2世代)」のSIMロックフリー版の販売が始まりました。そのこともあってか、今回の集計期間はiPhone SE(第2世代)のレビュー記事がよく読まれました。

 iPhone 11ファミリーと同じプロセッサを搭載しつつも、価格を抑えたiPhone SE(第2世代)。マスク着用者が増えていることも手伝ってか、久しぶりの「Touch ID(ホームボタン兼指紋センサー)」搭載機種としても注目を集めているようです。

 Androidスマートフォンでは、顔認証と指紋認証を両立した機種が幾つかあります。画面内に指紋センサーを入れ込む技術も、複数登場しています。例年通りだと9月に発表されるであろう新型のハイエンドiPhoneでは、ぜひ「Face ID(顔認証ユニット)」だけではなく、指紋センサー“も”入れてほしいところです。

 ランキングの2位には、石野純也さんの連載から、クラウドSIMを利用した「容量無制限」をうたうモバイルルーターにまつわる問題を取り上げた記事が入りました。

 クラウドSIMは、サービス提供元が調達した物理的なSIMカードを、その提供元に割り当てられた「SIMバンク」に挿入して「仮想化」したものです。SIMバンクに挿入したSIMカードの総通信容量が十分にあれば、事実上の「容量無制限」を実現できますが、実際はそうではなく、通信需要が想定以上に旺盛になってしまい、サービスが「破綻」してしまった事業者が出てきた――これが実際の所です。

 サービスの提供に一定の条件が課される場合は、それをできる限り“明確かつ分かりやすく”示す――提供者側の姿勢が、より問われることになりそうです。

1/2ページ

最終更新:4/27(月) 15:40
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事