ここから本文です

新大関の朝乃山「夏場所があると思って」調整中 電話代表取材で思い語る

4/27(月) 13:17配信

デイリースポーツ

 「大相撲夏場所」(5月24日初日、両国国技館)

 夏場所の番付が27日、発表され、新大関朝乃山(26)=高砂=が電話での代表取材に応じた。本来なら大勢のメディアの前で晴れ舞台のはずが、新型コロナウイルスの影響により、異例の形式で“会見”となった。

 新大関として番付発表を迎えた。「いつもと変わらずですね。番付表見た時は一つの目標としてきた大関を達成できたので、番付を見てまた実感しましたね。うれしかったですし、もっと引っ張っていきたい気持ちにもなりましたし、相撲界を盛り上げていきたいと思いました」と率直に喜びを語った。

 番付表のしこ名の字も太くなった。「全然違います。三段目からずっと見てきて、ちょっとずつ大きくなってきて実感が湧いた」とかみしめた。

 新型コロナウイルスの影響で、これまでの稽古は四股、すり足、テッポウなど基礎運動と筋トレが中心。「調子は悪くないですし、自分自身、体調も悪くないので、番付は発表されましたし、明日からまた気持ちを引き締めて24日初日に体を合わせていきたいです」と、気を引き締めた。

 初日まで1カ月あり、難しい調整となる。「しっかり自分の相撲、右四つなのでそれを磨いていきたいですし、立ち合いの1歩目、2歩目、立ち合いを大事に稽古していきたいですね」と語った。

 接触を避けるため、ぶつかりもできない状況。「今は何もできないんで、自分だけじゃなく力士みんな我慢してやっているんで。本当、今は我慢してやっているだけですね。自粛しているんで」と今は耐える時だ。

 25日に高田川親方(元関脇安芸乃島)、弟子の十両白鷹山ら6人が感染。「ニュース見た時は協会にも親方、関取衆も感染したんだなと、自分自身も怖いと思いましたね。芸能人もいろんな方々、亡くなっているので、それだけ怖い病気だと改めて思いました」と、不安は日々増している。

 夏場所開催もまだ不透明。「僕らは協会の親方の下でやっている力士なので、協会が決断したことに従ってやるしかないと思っているし、今決断は出ていなですけど、自分だけでなく力士全員初日、夏場所があると思ってやっているので。東京はすごい感染者がいる。開催したとしても自分らがなってもおかしくないレベルだと思います」と深刻な現状を受け止めた。

 部屋や自身も感染防止を徹底。「しっかり自粛して、あまり用事がない時は自粛して、もし出かけたら消毒して朝、夜はしっかり体温を測っていますね。力士同士も触れないようにしています個室で引きこもってます」。

 新大関でも挑む気持ちを忘れない。「新大関で迎える場所なんで、毎場所変わらず挑戦者の気持ちを持って、前に出る相撲を取っていきたいですね。この時期なんでTV前の皆さんに自分の相撲を取っている姿を届けられるような、姿を見せたいですね。世の中何もできない状況なので、先場所も大相撲はやりましたけど、皆さんが自粛して苦しい中、1人1人が相撲取っている姿を見せれば、皆さん元気になると思いますね」と意気込んだ。

 力士の力を土俵で存分に発揮するのみ。「いろんなスポーツと違って、大相撲は大相撲の魅力あるし、個人スポーツなので1人1人が相撲で頑張って元気を与えたい。1人1人の出身県のために頑張ればいい」と語った。

 高校総体が中止と子供らも苦しい日々を送る。「この時期仕方ないと思いますし、決断出たからにはその気持ちを捉えるしかないんで、インターハイ中止は残念ですけど国体はまだ分からないですし、それに向けてまた気持ちを整えて頑張ってほしいですし、不完全燃焼なら大学に進んで自分のやることをやってほしい。外に出られないので、家の中でできることをやった方がいいんじゃないですかね。筋トレ、勉強、日ごろできない両親の手伝いとか。高3は最後だし、気持ちを切らさないでほしいですね。気持ち切れたらそこで終わりだし、プラス思考に考えて前に前に進んでほしいですね」とエールを送った。

 日本中が耐えながら明るい話題を探している状況。「今は会社でもネットワーク、在宅が多いので、皆さん家にいると思いますし、自宅でテレビ見られる方は自分だけでなく1人1人精いっぱい頑張ると思いますので、その人たちに元気な姿、相撲を取っている姿を見せたい」と話した。

 大関として迎える初の場所は昨年、初優勝を果たした夏場所。「尊敬、目標とされる大関になりたいです。常に優勝争いに加わらないと上も目指せないと思うので、しっかり優勝争いに加わりながら優勝目指して頑張りたいですね」と意欲。

 出身地の富山県の応援に感謝。「富山の皆さんが一番の応援になっているので、変わらずご声援のほど応援よろしくお願いしますと言いたいです。富山もコロナがひどくなっているので自粛して、今は我慢の時なので、コロナに負けないで一緒に頑張りましょうと言いたい」

 富山では太刀山以来111年ぶり新大関。太刀山以来の横綱も期待される。「まだ大関で終わったわけじゃないので上を目指して、あと一つ上があるので満足しないようにおごらず、向上心を持っていきたい」とさらに一つ上の地位を目指す。

最終更新:4/27(月) 13:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事