ここから本文です

天皇賞・春馬体診断ユーキャンスマイル

4/27(月) 13:57配信

デイリースポーツ

 「天皇賞・春・G1」(5月3日・京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の竹原伸介(栗東)、佐野裕樹(美浦)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】G1馬体診断 天皇賞出走馬の馬体をチェック

 【ユーキャンスマイル A】

 昨年のジャパンC(5着)当時に比べて、トモの筋肉がボリュームアップした。それが4カ月ぶりだった阪神大賞典で馬体重が12キロ増えていた要因だろう。デビュー以来最高体重の500キロだった割に太め感なく仕上がっていて、体つきは前走と大きく変わっていない。

 大きく良化したのは馬体の張りと、皮膚の薄さだ。肩や臀部(でんぶ)のピンと張った部分は前走時以上で、下腿(かたい)にはっきりと浮き上がった血管から馬体が研ぎ澄まされたように見受けられる。5歳春を迎えて、完全に本格化した感がある。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉荻野琢を背に栗東CWで7Fから93秒3-12秒6(一杯)。デゼル(3歳1勝クラス)を1秒3追走して0秒2遅れたが、長めから意欲的に好時計をマークした。馬体に張りがあり、休み明けを好走した反動は皆無。状態はさらに上向いている。

最終更新:4/27(月) 14:03
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事