ここから本文です

オエノン、高濃度アルコールを供給 厚労省からの「手指消毒用エタノールの優先供給スキーム」協力要請を受け

4/27(月) 17:30配信

ITmedia ビジネスオンライン

 焼酎などのアルコール飲料を製造するオエノングループの合同酒精(東京都墨田区)は、厚生労働省からの「手指消毒用エタノールの優先供給スキーム」協力要請を受け、特定発酵アルコールの供給を行うことを発表した。新型コロナウイルス感染症対策として、需給がひっ迫する手指消毒用エタノールの安定供給に向け取り組んでいく。

【画像】発酵アルコール95%の概要

 高濃度エタノールについては、厚生労働省は酒類メーカーが製造する高濃度エタノールを消毒液の代わりとして使用することを特例として認めた。この特例は新型コロナウイルスの感染拡大でアルコール消毒液が不足していることを受け、4月10日付で全国の医療機関などに通知されている。

 今回製造・供給するのは発酵アルコール95%で、容量は18リットル。月に1000本生産し、厚生労働省を通じて医療機関などに供給する。医療機関などでは精製水などにより希釈し、度数調整のうえ、消毒用エタノールとして使用されるという。なお、出荷開始日は調整中となっている。

 同様に、オエノングループの秋田県醗酵工業(秋田県湯沢市)も、高濃度酒類スピリッツを製造し、秋田県内の医療機関などへ供給することを明らかにしている。供給方法、供給先は検討中だという。

 また、オエノンホールディングスは、同社の拠点事業所が所在する北海道札幌市、旭川市、苫小牧市、厚真町、むかわ町に対して、除菌用アルコールを寄付したことも発表した。

ITmedia ビジネスオンライン

最終更新:4/27(月) 17:30
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事