ここから本文です

美 少年・藤井直樹、ドラマ初出演 『レンタルなんもしない人』第5話以降ゲストに喜矢武豊、ヒャダインら

4/27(月) 15:00配信

オリコン

 人気グループ・NEWSの増田貴久主演によるテレビ東京のドラマ枠『ドラマホリック!』で放送中の『レンタルなんもしない人』(毎週水曜 深0:12)のゲストに、ジャニーズJr.グループ・美 少年の藤井直樹(第5話)、徳永えり(第6話)、ゴールデンボンバーの喜矢武豊(第7話)、ヒャダイン(第8話)の出演が決定した。藤井は「今回、23歳の医大卒の役ということで、髪の毛を暗くして少し大人っぽく見えるようにと、落ち着いて喋るように心がけました。兄と父のどちらにも気を遣っている様子に注目していただけたらうれしいです。是非ごらんください!」と呼びかけている。

【場面カット】第4話に出演する山口紗弥加と増田貴久

 「なんもしない人(ぼく)を貸し出します。」「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。」。“なんもしない”のに、依頼者はどこか心が癒されたり元気をもらったり。本作は、そんなレンタルさんのなんもしない仕事ぶりをドラマ化した。

 藤井は神林勇作(葉山奨之)を慕う弟・颯太役を演じる。父と同じ医者の道を進む颯太は久しぶりの家族での外食に喜んでいるが反対に勇作はどこか浮かない顔。優雅な食事風景から垣間見える神林家の関係性とは…。第5話ではこのほか小木茂光、大島さと子、山崎ケイ(相席スタート)も出演する。

 ドラマ初挑戦の藤井は「とても緊張しました」と振り返り、「最初、緊張で硬くなっちゃってましたが、兄である勇作役の葉山くんに撮影の合間に話しかけていただいたり、アドバイスをしていただいたりと緊張がほぐれました」と笑顔で語った。また「僕のドラマ出演が初めてだと知った父役の阪田さん、母役の阿部さんもセリフの読み合わせをしてくださり、温かい雰囲気の中撮影に挑ませていただくことができました!」と奮闘したそう。

 実際に“レンタルさん”に依頼するとしたら「ホラー映画を観るのが好きで周りの人を誘うのですが、怖いから嫌だと断られることもしばしばあり、1人で観るのもちょっと怖いので、映画館の迫力のあるスクリーンで一緒に観て欲しいです!」と想像をふくらませる。

 このほか、第6話で『子連れでレストランに行くのに同行してほしい』と依頼をするメインゲストの佐々木麻衣役に徳永、第7話のショートストーリー「人気ホストの誕生日を盛り上げるため、1日ホストをしてほしい」と依頼をするホストの龍也役に喜矢武、第8話で劇中でおなじみの雑誌『ベターライフ』の編集者でレンタルさんを取材する河野役をヒャダインが演じる。

 増田の印象について徳永は「増田さんとは約14年ぶりの共演で、もともと持っていらっしゃる“優しく流れる空気”みたいなものがレンタルさんの雰囲気と合わさり、何もしなくとも居心地が良かったです」とその場の空気感を満喫。ヒャダインは「まっすーは誕生日が同じでご飯も一緒に行くくらいの仲なので、誰とでも仲良く朗らかで太陽のような人だとわかっているのですが、演じているレンタルさんのボソボソっとした内向きなキャラクターがまるで別人で、お芝居している時は別人だと思ってしまいました!」と本人とのギャップに驚いたそう。

 喜矢武は「増田さんのもともと持ってるものなのか、ドラマのキャラなのか分からないんですが、なんもしなくてもなんだか優しさというか、愛されキャラみたいなものが滲み出てました」と回顧。「僕が絡んだシーンでもそういった初対面で好かれるみたいなシーンがあって、なんだか可愛いというか、なんもしない人のキャラクターが好きになりました。友達になりたいです!」と熱望する。

 今回、喜矢武がホスト役として軽快なコールなども披露。実際にはコールをしたことも見たこともなかったという喜矢武だったが「どうやっていいのか分からなくて、とりあえず台詞を覚えて当日現場に行ったんです。そしたら現役のホストの方がいらして、その場で見本のコールを見せてもらったら、台本と言ってること全く違うし、めちゃくちゃ長くて、撮影直前で『こんな感じでお願いします』って言われた時に『えー!!!! むりーーー!!!!』ってなりました(笑)」と撮影エピソードを明かした。「もちろんやるしかなかったんで必死にやったんですが、ドラマであんなに追い込まれて汗かいたのは初めてでしたね(笑)。でも意外にすぐ出来ちゃったんでもしかしたらホストの才能があるのかもしれません(笑)」と手応えを感じていた。

最終更新:4/27(月) 15:00
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事