ここから本文です

北海道の道北にも春の声 窓を開けて耳を澄ましてみて

4/27(月) 11:39配信

tenki.jp

27日、北海道の稚内地方気象台でウグイスの初鳴が観測されました。平年より2日早い観測です。換気のため窓を開けた時には、耳を澄ましてみてはいかがでしょう。

季節の進み順調 北海道の稚内でウグイスが鳴く

27日(月)、北海道の稚内地方気象台でウグイスの初鳴が観測されました。平年より2日早い観測です。気象台が観測している最も北の地点での観測となりました。

今年のウグイスの初鳴は、全国で最初に観測されたのは大分で1月20日、本州で最初に観測されたのは岡山で2月23日でした。北海道では、室蘭で4月14日、函館で21日に観測されています。

今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、思うようにお出かけができず、季節の移ろいを感じにくいかもしれません。換気のため窓を開けた時には、耳を澄ましてみてはいかがでしょう。「tenki.jp」では引き続き、全国の季節の移ろいをお伝えします。

日本気象協会 本社 日直主任

最終更新:4/27(月) 11:39
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事